株価暴落の予兆

株価暴落が起きてしまったら、取るべき行動とは?

*

株価暴落の予兆

騰がることもあれば下がることもあるのが株。ただ、株には下がる場面で、ある情報が出されている場合が多くあります。また、下げに転じやすい時期や業績状況などがあります。

当サイトでは、株価が暴落する場面をまとめ、どのようなタイミングで株価が暴落するのか予測するヒントを提供しています。

今年一番の日経平均の暴落

つい先日もギリシャのデフォルト問題と中国の上海市場の暴落が重なり日経平均が20000円を大きく割り込む場面がありました。

この時もちゃんと情報は事前に推察されてました。

その内容とは、ギリシャの償還期限と中国の外貨準備金の残高減少です。

多くの場合、重要な発表前や担保が薄くなった投資先にはリスクオフと言う形で、投資銀行やファンドが資産を引き上げます。あるいは、ボラリティの低い安全性の高い投資先へ資金を移動します。

そのため、大口の支えを失った市場はストップロスを巻き込んで大きく値を下げることがあるのです。

今回もその例に逸れず、為替の急激な変動と共に中国株が売られ上海市場の下落に引きずられる形で日経平均が下落しました。

他にもプエルトリコのデフォルト宣言など複数の要素が同時に発生したため特に大きな変動となりました。

その中でも、特に大きな影響を与えたものは中国でした。

いまの日本経済は、2014年の対中貿易で輸出入総額が32兆5550億円と過去最高となっており、中国景気を無視できない状況なのです。

6000億円という巨額の中国投資を行っていた伊藤忠商事なども、今回の暴落で特に影響を受けています。

中国では不動産や株を担保にさらに投資をする個人投資家が多く、実体にそぐわない大きなレバレッジをかけた投資が加熱しており、いつバブルが弾けてもおかしくない状態が続いています。

中国政府はそれを支えるためにあれこれ奔走してますが、そのメッキの一端が剥がれたと言えそうです。

株価暴落の前兆と注意するべき情報

では、株価暴落がいつ起こるのか事前に予測するにはどうすればよいのでしょうか。

株はいわゆる人気投票なので、人気があるうちは株価は上昇していきます。けれど、人気に陰りが見えると徐々に人が離れます。ひとり、ふたり、人が離れていくとこれまでと同じ人気を保つためには、残りのファンが支えなければいけません。

暴落は、その支えがいつ崩壊するか。なのですが、崩壊する前には必ず悪材料が出ます。その悪材料が何かはその時々で異なるので明言はできないのですが、大抵は大口の売りが出ます。あるいは、投資銀行やファンドが空売りの比率を拡大します。

そのような傾向が見られたら、その売りがなぜ発生したのかを確認することと、これまでの人気が虚構ではなかったかどうかを確認して下さい。

ただの狼狽売りなら絶好の買いましチャンスですし、そうでなければすぐに手仕舞いするべきです。

株は信用が全てです。

信用は築きあげるのは難しいですが、崩れるときは一瞬です。一度信用を失った株は殆どの場合、短期では崩れる前の値段に戻ることはありません。

悔しいですが、暴落した株は素直に損切りをして、次を探す方が資金効率は改善します。暴落を受けた場合は、素早く原因を確認して、素直に見切りをつける。これが一番です。

株価暴落と為替変動

日経平均と為替との間には大きな関係があります。そして、為替は投資銀行やファンドの投資スタンスに影響を与えます。

安倍政権に代わってから円は対ドルに対して2015年6月に125円となり、2012年から30%ほども割安となりました。そのため、これまで割高となっていた日本株が海外投資家にとって買いやすくなっているのです。

他にも、ここ最近の日経平均の上昇は、年金機構の買い上げや輸出関連企業の競争力回復による業績改善なども多く関係しています。

そのため、円安は日経平均に対してプラスの影響を与えます。一方、円高は日経平均に対してマイナスの影響を与えます。

そして、円は比較的安全な投資先として経済不安が起こると避難先となることがあります。つまり、簡単に言ってしまうと、為替が円高に動く場合、株価の暴落が起きやすいので注意する必要があるということです。

株価暴落が起きやすい時期

株価の変動には突発的な要因と時期的な要因があります。

突発的な要因としては、ギリシャのデフォルト危機やリーマンショックなどがそれに当たります。

一方、時期的な要因としては、ファンドの決算期や企業の決算期がそれに当たります。

突 発的な要因はいつ起こるかわかりませんが、時期的な要因では12月や5月や8月が下がりやすい時期として警戒されています。その理由としては、ファンドの 決算に合わせてポジションが解消され資金が引き上げられたり、めぼしい材料がなく流動性が低下しやすい時期であったりするためと言われています。

そのため、12月や5月、8月は相場がトレンドを転換するかしないか、よく注意して望むことで、株価暴落に備えることができます。

株価暴落が起こってしまったら

では、実際に株価暴落が起こってしまったら、どのように行動するのがベストなのでしょうか。

それは、迷わずに即損切りをすることです。

1度株価暴落が起こると、先行の見通しが立つまで、ズルズルと株価は下がっていきます。そのため、まずは、間髪入れずに損切りすることがオススメです。

損切りできずにズルズルと株価が下がってしまい、もうダメだ!というところで損切りをすると、投げたそこが底になることがあり、買い戻すこともできず最悪となる場合があるためです。

なので、保有していたい株でも、まずは暴落時にすぐに売って、先行きが定まって来たら買い戻すのが一番なのです。

ち なみに、株価暴落が起こった時は、絶好の買い場となります。先に起きたギリシャと中国上海市場の騒動の時が例に漏れず、押し目を作っていることを見てもわ かるように、見通しが決まる直後が一番の買い場です。なので、株価暴落が起こったら、必ず動向をチェックしてみてください。

株価暴落の時のプロの対応

株価暴落が起きた時、相場のプロ達はどうしているかご存知でしょうか。

私が知っている、ある投資顧問では、暴落は起こるべくして起こると断言しており、暴落は事前の情報でほぼほぼ予測できているそうです。そのため、会員には事前にポジションの整理を促して暴落に備えたり、売られすぎた株を買い戻すタイミングを教えたりして、大きな利益を出すチャンスなんだそうです。

6月の末頃に配信していた銘柄なんて、まさにその通りで、下落時に拾うことができた会員は20%くらい利幅を確保できているから驚きです。

ちなみに、その投資顧問はこちらです。

情報を得るのにお金がかかる場合もありますが、ほとんどが無料で利用できるので、試したことがない方は試してみることをおすすめします。

 ページトップへ